日本人講師・ネイティブ講師の役割り



Image

アクト・システムズの英語研修は通常、日本人講師のレッスンで始まり、後半はネイティブ・スピーカーのレッスンへ移行します。このプロセスには以下のようなメリットがあります。

1) 日本人講師からスピーキングとリスニングのコツ、及びセルフトレーニング法を学べます。

2) セルフトレーニングでレッスン以外の時間に英語力を強化することができます。

3) レッスンとトレーニングで体得した英語力をネイティブ講師のレッスンで実践し、更に磨くことができます。

Achieve

高い英語力はあるものの、多様なビジネスシーンでスムーズに英語を使いこなすことはまだ少し難しい、と感じている英語中上級~上級者の方を対象としたテキストです。微妙なニュアンスの差も逃さずに、ネイティブ・スピーカーと対等にコミュニケーションをとれる」レベルに引き上げるように、実践的な英語運用力の養成を目指します。

  • 流暢にメッセージを伝えることができる。
  • ネイティブスピードでも理解できる。
  • 公の場でも自信を持っている印象を与えることができる。
  • 高度な内容の議論でも結論を導き出すことができる。

Advance, Volume One

基本的な英語の知識とコミュニケーション力はあるが、実際のビジネスシーンにおいて英語を使いこなすのはまだ困難と感じる、英語中級レベルの方を対象としたテキストです。「完了形」、「関係代名詞」など多くの方の理解が不十分な文法ポイントをカバーしながら、素早く発話する練習を繰り返します。

  • 言葉を選んで微妙なニュアンスまで表現できる。
  • 複雑な内容でも話の全体像をつかめる。
  • ビジネスでも日常生活でも上手に英語でコミュニケーションができる。

Advance, Volume Two

ビジネスでも日常生活でも英語で対応できるコミュニケーション力はあるものの、そのレベルで満足してしまい我流でこなすことが多い、英語中上級レベルの方を対象としたテキストです。「使役・知覚動詞」、「仮定法」、「話法」など、Advance Vol. 1より更に難度が増す文法ポイントをカバーしながら、素早く発話する練習を繰り返します。

  • 複雑な英語の型を正確に使い分けることができる。
  • 90秒~120秒程度のダイアログを理解できる。
  • 不明点は自分の言葉で確認できる。
  • ビジネスでも日常生活においても有能な英語コミュニケーション力を持っている。

ACT NOW, Volume One

簡単なコミュニケーションはとれても、ビジネスレベルで使いこなすにはまだまだ、といった初級レベルの方を対象としたテキストです。「助動詞」、「接続詞」などの文法ポイントを丁寧に「英語の型」に落とし込み、素早く発話する練習を繰り返します。

  • ビジネスでも日常でもある程度英語を使うことができる。
  • 複数の文の主要部分(主語、動詞)を聞き取ることができる。
  • 30~60秒程度のダイアログを理解することができる。

ACT NOW, Volume Two

ACT NOW Vol. 1と同様に、ビジネス英語はまだまだ、といった初級レベルの方を対象としたテキストです。「比較」、「不定詞と動名詞の使い分け」「分詞」など、ACT NOW Vol. 1より更に発展した文法ポイントをカバーしながら、素早く発話する練習を繰り返します。

  • 様々なシーンに適した英語の型を使うことができる。
  • 比較的スムーズに話すことができる。
  • 意見の根拠を述べることができる。

Act Basics, Volume One

簡単な英文法の基礎知識はあるものの、一定の時間話し続けることは難しい英語初心者を対象としたテキストです。「話す」、「聞く」というコミュニケーションを中心としながら、基本的なビジネス英語の運用力を養成していきます。Be動詞、一般動詞を含む基本的な構文を、時制を意識しながら発話する能力を養います。

  • 短いメッセージなら比較的スムーズに話すことができる。
  • 基本的な挨拶や自己紹介、簡単な会社紹介ができる。
  • 基本的な質問ができる。

ACT Basics, Volume Two

ACT BASICS Vol. 1と同様に、英語初心者が対象のテキストです。「話す」、「聞く」というコミュニケーションを中心としながら、基礎的なビジネス英語を使う力を養成していきます。WH疑問文/不定詞・動名詞の基本や受動態などを用いた、バリエーション豊かな表現力を養います。

  • 5W1Hを活用して、会話内で的確に質問ができる。
  • 行動の目的(「~するために…をした」)を述べることができる。
  • 30秒~1分程度のスピーチができる。

Jump, Volume One

入門レベルの英語学習者を対象としたテキストです。Be動詞及び一般動詞の肯定文/疑問文/否定文など、丁寧に基礎文法のポイントを確認しながら、日本語から英語に素早く変換する「英語回路」を養成していきます。付属のCDには、入門レベルの英語学習者でもリスニング学習に取り組みやすいよう、各ダイアログ、スロー・ノーマルの2つのスピードで収録されています。

  • メッセージの大枠を伝えることができる。
  • おおむね5秒以内に発話できる。
  • 簡単なメッセージなら話の全体像をつかめる。

TOEIC 300点未満の方対象

Jump, Volume Two

入門レベルの英語学習者を対象としたテキストです。Jump Vol. 1で扱うBe動詞及び一般動詞の応用、「会話」に役立つWh疑問文などの理解を定着させ、日本語から英語に素早く変換する「英語回路」を養成していきます。JUMP Vol. 1と同様付属のCDには、各ダイアログ、スロー・ノーマルの2つのスピードで収録されています。

  • 知らない単語も類似の単語で表現できる
  • 短いメッセージなら比較的スムーズに話すことができる。
  • ゆっくり話してもらえれば単文のみならず、複数の情報を理解できる。

TOEIC 350点未満の方対象

TTS 80 Basic

TOEIC450~600点の初級~中級レベルの方を対象としたテキストです。TTS 80 Introductory と同様にTOEIC受験の際に知っておくべきさまざまなコツ80個の紹介に合わせ、更に難度の高い例題を用いて得点アップを確実なものにしていきます。

  • 解き方のコツを踏まえた上でTOEICに効率的に取り組むことができる。
  • 自分のレベルに合った効果的なトレーニング方法がわかる。
  • 比較的難度の高い頻出表現を習得できる。

TTS 80 Introductory

TOEIC450点未満の入門~初級レベルの方を対象としたテキストです。TOEIC受験の際に知っておくべきさまざまなコツ(Test-taking strategies)が丁寧に説明され、点数の取りこぼしを減らし得点アップにつながる具体的方法を修得します。各セクションやパートごとに覚えておくべき受験のコツ80個を紹介します。

  • TOEIC受験の基本情報を知ることができる。
  • 解き方のコツを踏まえた上でTOEICに効率的に取り組むことができる。
  • 自分のレベルに合った効果的なトレーニング方法がわかる。

EASY Writing, Foundation Level

入門レベルの方を対象としたEメール作成スキルを養成するテキストです。「アウトライニング」(何をどういう順番で書くか)の考え方を基礎として、英文メール作成のポイントを紹介します。また基礎文法の解説やメールでの慣用表現も交えて、ビジネスシーン別の英文メール作成スキルの定着をアシストします。

  • アウトライン(何をどういう順番で書くか)の考え方を身につけることができる。
  • 英文Eメールのレイアウトの基本や発想の型を身につけることができる。
  • 簡潔かつ明快なEメールを作成できる。

EASY Writing A, Introductory Level

入門~初級レベルの方を対象としたEメール作成スキルを養成するテキストです。「アウトライニング」(何をどういう順番で書くか)の考え方を定着させ、文法の解説やメールでの慣用表現も交えて、シーン別の英文メールの型を紹介します。各レッスン、ビジネスシーンに合わせた効果的なライティング演習を通して、すぐに活用できる「メールの型」の定着とEメール作成のスピードアップを実現します。

  • アウトライン(何をどういう順番で書くか)の考え方を身につけることができる。
  • 様々な文法知識を用いて簡潔かつ明快なEメールを短時間で作成できる。
  • テキストから身につけたEメールの型を実務上の様々な状況で流用することができる。

EASY Writing B, Basic Level

初級~中級レベルの方を対象としたEメール作成スキルを養成するテキストです。各レッスン、ビジネスシーンに合わせた効果的なライティング演習を通して、「メールの型」の定着とEメール作成のスピードアップを実現します。比較的難度の高い文法の解説をふまえて他者の作成したEメールを校正するProofread Trainingを通じて、応用レベルのスキル定着を確実にしていきます。

  • アウトライン(何をどういう順番で書くか)の考え方を身につけることができる。
  • テキストから身につけたEメールの型を実務上で流用し、複雑な状況に対応するEメールを作成することができる。
  • 難度の高い文法知識を用いて簡潔かつ洗練されたEメールを短時間で作成できる。

Power Verbs 660, Book One

入門~初級レベルの方を対象としたサブテキストです。頻繁に用いる基本動詞の語彙を強化し、瞬時に日本語から英語に変換するスキルを養成します。日常特によく用いる基本的な動詞からマスターしていきます。付属のCDを用いることで、発音の確認やシャドーイングの練習もできるので、リスニング力の向上にも有効です。

  • 基本的な動詞のボキャブラリーを増強できる。
  • ビジネスシーンにおける頻出表現で用いる基本的な動詞を正確に使いこなせる。
  • ビジネスシーンで用いられる基本的な動詞を聞き取り、理解することができる。

Power Verbs 660, Book Two

初級~中級レベルの方を対象としたサブテキストです。ビジネスに役立つ応用動詞の語彙を強化し、瞬時に日本語から英語に変換するスキルを養成し、難度の高い動詞をマスターしていきます。

  • ビジネス英語で頻出かつ難度の高い動詞のボキャブラリーを増強できる。
  • ビジネスシーンにおける頻出表現で用いる比較的難しい動詞を正確に使いこなせる。
  • ビジネスシーンで用いられる難度の高い動詞を聞き取り、理解することができる。

Workbook for Seminar

セミナー向けのテキストです。入門編、初級編、中級編の3レベルに分かれており、英語力に応じた使い分けが可能です。それぞれアクト・メソッドで練習する「英語回路演習」、「Power Speaking」、「Listening」の3セクションから構成されており、「話す」、「聞く」といった英語コミュニケーションの基礎を練習します。

使える英語を最速で身につける方法

アクト・メソッド考案の著者描き下ろしの補助教材です。日本語と英語の違いの説明から、英語を簡単にし、効率よく学ぶための「発信のコツ」と「受信のコツ」まで、アクト・メソッドのエッセンスを詳しく説明しています。メインの教材と併用しながらトレーニングを行えば、さらに高い学習効果が期待できるでしょう。

ロジカルなビジネスコミュニケーションの手引書

複 雑な思考プロセスを迅速かつ論理的に整理し伝達、多様な相手と効果的なコミュニケーションを図ることができるようになります。コミュニケーション必須3要 素(①伝達相手の分析②メッセージの整理(ツリー型、マトリックス型、マップ型)③伝達順序)を修得し、日常業務に即したケーススタディでスキルの定着を 目指します。

CBS Level D

ビジネス上の電話を丁寧にかつそつなくかけ、受ける。自分の名前を伝え、用件を告げ、相手の名前をたずねる。約束の詳細を確認する。ビジネスの現場で自己紹介をする。
TOEIC 700以上の方対象
 
修飾語句の意味を強める副詞・強調する語句・関心を引く・商品知識を確認する・商品の特色を強調する・不服を申し立てる・対応策を求める・問題を解決する・悪い知らせを伝える・埋め合わせを要求する・配送期日を確定する・初めに詳細を決定する・文書の内容を選ぶ・内容の順序を決める・表現やトーンについて合意する・提案をし、説得する・カウンターオファーをし、提案を受け入れる・交渉中の相手の立場を確認する・合意に達する

CBS Level C

ビジネス上の電話を丁寧にかつそつなくかけ、受ける。自分の名前を伝え、用件を告げ、相手の名前をたずねる。約束の詳細を確認する。ビジネスの現場で自己紹介をする。
TOEIC 600~700点ぐらいの方対象
 
会議を始める・目的を述べ、職務を任せる・話し合いを始める・提案をする・賛否を表明する・影響を述べる・説得する・言葉をはさむ・話題を元に戻す・話の途中で質問をする・割り込みへのフォローをする・意見を締めくくる・間違いがあったことを説明する・間違いに対して謝罪する・間違いの理由を説明する・問題を解決する為に何をするかを述べる・テレコンの司会を務める・発言の機会をつくる・通信上のトラブルに対処する

CBS Level B

ビジネス上の電話を丁寧にかつそつなくかけ、受ける。自分の名前を伝え、用件を告げ、相手の名前をたずねる。約束の詳細を確認する。ビジネスの現場で自己紹介をする。
TOEIC 500~600点ぐらいの方対象
 
スケジュールや計画の変更を求める・変更の理由を伝える・代替案を提示する、求める・提案する・部分的な不賛成を伝える・意見を促す・繰り返しを依頼する・聞き返して明確にする・解釈を確認する・協力を求める・協力を申し出る・理にかなった手順で指示を出す・居住地や出身地について述説明する・地域の情報 (経済や人口、レジャーについて) を交換する・ある地域に関しての報告をする

CBS Level A

ビジネス上の電話を丁寧にかつそつなくかけ、受ける。自分の名前を伝え、用件を告げ、相手の名前をたずねる。約束の詳細を確認する。ビジネスの現場で自己紹介をする。
TOEIC 400~500点ぐらいの方対象
 
名刺を交換する・誰かを他の人に紹介する・企業情報を提供する、求める・より詳細な情報を伝え、企業の製品やサービスについて更に情報を入手する・積極的に尋ね、更に情報を得るため引き続き質問をする・意見を求める・意見を述べる・丁寧に不同意を示す

Effective Business Skills Series

実践的なビジネススキルを伸ばします。西洋ビジネス文化に触れます。ビジネスツールとテクニックを紹介します。セミナー用にも、レギュラークラスにも対応可能です。

(Tactical Teleconferencing, Meeting Management, Presentation Delivery, Negotiation Handling)

Meeting Management

効果:会議を円滑に進め、参加するために必要なスキルと言語の習得を目指します。

特徴:進捗の報告・情報の共有・賛成できない場合などの様々なテクニックとヒントを紹介

使用する役立ちツール・ミーティングテンプレート・ミーティング言語マトリックス・会議で使う表現集

Target Range: TOEIC 600-800

 

Tactical Teleconferencing

効果:外国人との電話会議やビデオ会議で、積極的にアプローチを取ること、より効果的にコミュニケーションを取れるようになること、を目的としています。

特徴:電話・ビデオ会議の始め方、進め方、終わり方、及び参加の仕方の様々なスキルと言葉を紹介

本物の電話・ビデオ会議を想定し、受講生がじかに経験・練習・使用する役立ちツール・電話・ビデオ会議テンプレート・電話・ビデオ会議に役立つ表現集・構造的な意見を伝える技法

Target Range: TOEIC 500-700

Presentation Delivery

効果:(英語で)説得力のある、印象的なプレゼンができるようになります。

特徴:論理的な構成・順序・話し方(ボディランゲージ含む)に焦点

使用する役立ちツール・情報構成チャート・プレゼンのテンプレート・プレゼンのチェックリスト

Target Range: TOEIC 600 & up

Written Communication

効果:分かり易く、効果的で、場面に合ったメールを書けるようになることを目的としています。

特徴:ビジネスパーソンとしてメールを書く技術・方法・雛形を掲載

添削つき・使用する役立ちツール・メールの雛形・メール定型文の用語集・よくあるメールの文法ミスの正誤例・表現の丁寧さの度合いを参照できる表

Target Range: TOEIC 650 & up

Negotiation Handling (Advanced)

効果:交渉の準備・計画を学び、双方にプラスになる交渉に参加します。

特徴:複雑な情報を整理するスキル、代替案の発案、行動計画の作成

交渉以外の場でも活かせるスキル・使用する役立ちツール・SWOT分析・比較マトリックス・SMARTゴール表

Target Range: TOEIC 700 & up

Negotiation Handling (Intermediate)

効果:交渉の準備と参加する際の様々なテクニックを練習します。

特徴:ゴールの設定、合意の可能性を予測します

ひとつの交渉の準備から終了までを練習します・使用する役立ちツール・交渉用テンプレート

Target Range: TOEIC 500-700

Survival Skills Volume One

海外出張で必要な最小限の言葉を掲載しています。
英語初心者向き・実社会で役立つ練習・シャドーイングの練習・全日本語訳付き
TOEIC 300~400点ぐらいの方対象

Survival Skills Volume Two

海外出張で必要な最小限の言葉を掲載しています。
英語初心者向き・実社会で役立つ練習・シャドーイングの練習・全日本語訳付き
TOEIC 400~500点ぐらいの方対象

Speak Out in Business - Jump

SOB Jumpは研修の締めくくりとし、今までトレーニングしてきたことをネイティブ講師と実践するということを目的と
しています。

Part 1 - 情報交換する (自分の会社について話す、自己紹介をする)
Part 2 - 詳細情報を提供する (場所を示す、ものを描写する)
Part 3 - 報告する (数字を与える、プレゼンをする)
Part 4 - 依頼する (礼儀正しく話す、日付や数に言及する)
Part 5 - 総まとめ (道順を教える、指図する、コミュニケーションを活発にする)