日本人講師の教育コンセプト

忙しいビジネスピープルに「短時間」で「効率よく」 

本当に使える」英語力を。

オンラインオリエンテーション

こちらの動画でアクト・システムズ独自の「知っている英語を使える英語にする」方法がわかります。

オリエンテーションの内容を知りたい方、もう一度アクト・メソッドを確認したい方、是非ご覧ください!

※動画再生時には音声が流れますので、音量にご注意ください。

トレーニングのステージ

  

ステージ3:実践 ⇒ 本当の「英語運用能力」を習得。
ステージ2:トレーニング ⇒ 「知識」を活かすための「練習」。
ステージ1:知識習得 ⇒ 「知っている」だけでは不十分。

 

トレーニングの方法:

<発信の3ステップ>

  1. 主語を決める
  2. メインチャンクを発信する
  3. サブチャンクを発信する
※チャンクとは? = 「意味のかたまり」
 
例 「明日3時に第3会議室で予算の件で山本さんと会議です」
 
1.主語を決定(誰の話?)→ We
2.メインチャンク 発信(主+動、動作の対象)→ We have a meeting
 
3.サブチャンク発信(詳細情報)→ with Mr. Yamamoto
                                                      about our budget  
                                                      in meeting room 3
                                                      at 3 o’clock 
                                                      tomorrow.

 

日本人講師・ネイティブ講師の役割り

 

検索