テキストのレベル

 

TOEICSEATJP TextbooksNTV TextbooksScale
 
851~ 701-800 Achieve CBS D ビジネスにおいても日常生活においても高いコミュニケーション能力を持っている。意見を述べ、相手の立場を理解し、必要に応じて忠告するタイミングと方法を心得ている。文化の差に注意を払った上での行動ステップを述べることができる。あらゆるビジネス場面において、母国語を操るように高いレベルの対応ができる。ミーティングでは議長役を務めたり、参加者としても積極的に発言することができる。説得力のある論述をし、妥協点を探るなどハイレベルの交渉も効果的にこなし、決定事項を論理的にまとめ、まとまった構成のプレゼンテーションをし、最良の意思疎通を図ることができる。
731-850 601-700 Achieve CBS D ビジネスにおいても日常生活においても効果的なコミュニケーション能力を持っている。公の場でも明快かつ積極的に参加することができる。ミーティングの議長役をこなし、参加者に業務を割りあて、話し合い進行させることができる。構成のしっかりした、かつ論理的なプレゼンテーションができる。語彙やニュアンスが限定されるケースもあるがセールス・チャートなどの説明もできる。人をうまく評価することができ、相手に助言やフィードバックを与え、丁寧に自分の要望を伝えることができる。相手の意図を明確にするように求め、同意や異論を表現することができる。重要かつ賛否の交錯するような会話も効果的に進行させることができる。
601-730 501-600 Achieve
Advance Vol.2
CBS D
CBS C
ビジネスにおいても日常生活においても有能なコミュニケーション能力を持っている。抽象的な話題について議論したり、会話をスタートさせ、適切な関連質問をしてその話題を発展させることが多少はできる。複数の参加者の中でも自信を持って意見を述べ、人からも意見を引き出すことができる。議論に積極的に参加し、意見を述べ、根拠を示し、相手の意見を確認し、同意し、異論を述べたりできる。面接官の役割を果たし、面接を受けることもできる。人や物、サービスなどを評価し、利点や欠点を述べ、業務上の結論を導きだすことができる。
501-600 401-500 Advance Vol.1 CBS B ビジネスにおいても日常生活においても、まずまずのコミュニケーションをとる能力を持っている。公の場に参加し、気さくに社交的にふるまうことができる。自信を持った印象を与えられる。事実情報を取り扱う非公式の打ち合わせに参加できる。背景を示しながら要点を述べることができるが、語彙不足のため限界がある。英語での電話の会話を上手にこなし、伝言を残したり発注したりできる。コメントやあいづちなどで会話を広げることができる。何かの使用法について細かく理路整然と指示を出すことができる。自信を持ってセールスポイントを強調して商品やサービスを売り込むことができる。
401-500 301-400 ACT Now Vol.2
ACT Now Vol.1
CBS A
Survival Skills 2
ビジネスにおいても日常生活においても、ある程度のコミュニケーション能力を持っている。公の場に参加し、物事を説明し、自分の好みを伝えて会話を楽しむこともできる。論理的な説明には至らないが自分の考えを述べることができる。受けた電話での簡単な応答や、自分が話したい相手を呼び出してもらったりできる。まだ会議をリードするには至らない。相手の同意を確認したり、丁寧に異論をはさんだりと、英語を使って業務を達成することができる。丁寧に助言を求めたり、それを聞きいれたりできる。来客に職場内を案内したり、要求をしたり聞きいれたり、クレームをつけたり、それに対応したりできる。
301-400 201-300 ACT Basics Vol.2
ACT Basics Vol.1
CBS A
Survival Skills 1
ビジネス現場でより、日常生活の場での方が英語を効果的に使うことができる。いくつかの慣れたフレーズを使うことはできるが自力で文を作るのには限界がある。自分の名前や会社を紹介できるが、役職などに言及することはできない。限られた簡単な質問はできるが、コメントしたりあいづちをうったりはできない。簡単な挨拶のみができる。ビジネスにおいては、基本的な情報のやり取りなら電話をかけたり受けたりはできる。自社の概要や方針について説明できる。
~300 ~200 JUMP Vol.2
JUMP Vol.1
SOB JUMP ビジネスにおいても日常生活においても入門レベルの英語力で、基礎を積み上げる段階にある。何かを述べるときに、概して単語のみで話し、文章にならない。会話の口火を切ったり、会話をリードすることはできない。詳細を述べる必要のないイエスかノーかの質問には答えられる。日常生活では業務に関連しない話題についてなら、基本的な会話や、レストランで注文したり、買い物をしたりなど簡単な会話はできる。ジェスチャーや絵など記号に依存する必要が大きいレベル。個人的な質問に答えたり、ごく基本的な会話を進めることができる。

 

 

検索